中古車の下取りと買取のこと

トップページ 中古車の下取りと買取のこと

中古車の下取りと買取のこと

自分の愛車を処分したい。そう考えている人は少なくないかもしれませんね。ところで、中古車を処分するときには2通りの方法があるのは御存知ですか?下取りをしてもらうのか、買取をしてもらうのか、といった2択があるのです。どちらがご自分にとって合っている選択かを判断するためにも、下取りと買取の違いを説明していきましょう。

 

下取りとは、中古車を業者に引き渡すことで、次に購入する車の代金に充てるという仕組みのこと言います。つまり購入の手続きと、売却の手続きを同時に行ってしまえるということですね。ここが最大のメリットであり、ポイントでもあります。

 

いま自分の乗っている車を別のところで、売却して、また別のところで中古車を購入するといった場合は煩雑な手続きがあると想像できると思います。その点、下取りはひとつのお店で、売買のふたつを同時にこなしてしまうので、極端に手間が省けるのです。

 

また、新しい車が納車されるまでの間、移動手段を失うことがないというような利点もあります。新車のディーラーと取引する場合は、下取りは買取よりも有利になる傾向があることを覚えておいてください。自社メーカーの車だと高額な査定になることも多いですし、低需要車や低年式車でもある程度の価格で買い取ってくれるからです。

 

ただし、下取りの場合だと、他社メーカーの中古車やパーツなどにはあまり良い値段はつきません。他にも、下取りをしてもらったところで購入するしかないという縛りが難点といえば難点といえるでしょう。

 

他方、買取の場合は中古車を中古車業者に売却することで現金を受け取る仕組みとなっています。買取のメリットはなんといっても、中古車を処分したあとには複数の販売店の中から自分の好きな車を選べるところでしょう。高需要車や高年式の車に関しては、下取りしてもらうよりも高額で買い取ってもらえることが少なくありません。

 

ただし、買取にもデメリットとなるところがあります。それは手続きの複雑さです。購入の手続きと売却の手続きを別々にすませないといけないので、その点では確実に下取りよりも面倒です。

 

また、うまく時期を調整するなりしておかないと、新しい車が納車するまでの間、移動する手段を失ってしまうかもしれません。下取りと買取で迷ってしまったときには、より多くのところで見積もりをだしてもらって比較検討することが有効でしょう。