わきがと食生活は関係するの?

トップページ わきがと食生活は関係するの?

わきがと食生活は関係するの?

体臭や口臭、そしてわきがは、その人の健康と食生活に大きく関係しています。たとえば、動物性脂肪を取りすぎると、皮脂腺や汗腺から分泌される油脂成分も多くなって、体臭がきつくなります。特にわきがの人はニオイの発生源ともなるアポクリン腺を発達させる原因にもなります。

 

ニラやにんにくなどのニオイの強い食べ物を取りすぎるのもよくありません。このようにニオイの原因となるものを控えると同時に、酸とアルカリのバランスを整えることも大切になってきます。

 

体が酸性に傾くと抵抗力が落ちて、体の不調や病気にかかりやすくなるといわれます。体を弱アルカリ性にしておくためには、食生活から改善しなくてはなりません。食材としては、緑黄色野菜や海藻、きのこ、大豆などのアルカリ性食品を中心とした食事にするといいでしょう。

 

肉類などの酸性食品は食べ過ぎないように注意しましょう。とはいっても、アルカリ性食品ばかり食べていても体には良くないので、バランスのとれた食生活を送ることを第一に考えましょう。

 

また、わきがを強めるものとして、アルコールがあげられます。アルコールは末梢血行をよくしますが、それとともに汗腺や皮脂腺の働きも活発にします、お酒を飲んだ時に、汗が出たり、酔っぱらいが脂ぎってテカテカした顔をしているのはそのせいです。

 

その他にもタバコ、コーヒー、お茶などの摂り過ぎも汗の量を増やす原因になります。また、トマト、チーズ、漬物、玉ねぎ、りんごなども、臭覚や味覚を刺激して、反射的に発汗を促すことがあります。