ほうれい線は老化の始まりなのか?

トップページ ほうれい線は老化の始まりなのか?

ほうれい線は老化の始まりなのか?

ほうれい線は、加齢によっても生じてくるものです。

 

しかし、しわとは別物のほうれい線は、必ずしも老化現象によるものとは限りません。まだまだ若いうちでも、生活環境や食習慣などによって、ほうれい線が出来てしまうケースも多いのです。

 

ほうれい線の原因は、豊富

 

ほうれい線がしわだと思っていた人には、老化現象以外の原因でほうれい線が出来るとは考えにくいかもしれません。

 

ただ、乾燥によって皮膚がひきつれてラインが出てしまうときがある経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

ほうれい線にとっての一番の大敵は、肌の乾燥といっても過言ではなさそうです。老化すると健康な肌を作る働きが衰えてくることから乾燥してきますし、年々紫外線や大気による汚れもたまってくるでしょう。そのため、基本的には若い人よりは中年以降の人のほうがほうれい線が目立ってきやすいのです。

 

筋肉が衰えて肌がたるんでくることも、影響しています。ただ、老化現象に限らないとはいえ、若いうちからほうれい線があると老けてみられがちです。ほうれい線の片鱗を見つけたら、早いうちに対策を始めるのが得策です。

 

体の内側と外側両方からケア

 

加齢が関係する場合も共通ですが、特に若い人でほうれい線に悩んでいるときは、食生活や生活習慣が乱れている可能性が高いです。

 

睡眠不足、多忙、ストレス、栄養バランスの偏り、運動不足など、非健康的な生活を続けていると、ほうれい線を増やしているようなものです。

 

また、口のまわりの筋肉をあまり動かさない人も、筋肉が衰えやすくほうれい線を生じる可能性が高くなります。化粧品でケアするだけでなく、体の内側から行えるケアも大切にしてほうれい線を防ぎましょう。